行政書士スカイ法務事務所は、債務(借金)の時効援用手続きを専門としており、東京や横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡はもちろん北海道から沖縄まで日本全国に対応いたします。受任費用を全国的にみても最安値水準とし、時効の援用・消滅時効の援用・信用情報の回復に関する無料相談を実施しています。行政書士は、法律で守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談ください。

自己破産と個人信用情報

過去に、自己破産を申し立てした後、免責決定を受けてから5年以上経過しても、ローンの審査が通らないという経験をされた方は要注意です。

自己破産を申し立て、免責決定を受けた後、5年以上経過しても、免責された残高が個人信用情報に登録されたままになっていることがあるのです。これは、裁判所の免責決定の事実が各債権者に対し、通知されておらず、各債権者が登録情報を更新できない場合があるためです。このような状態を放置すれば、いつまでもローンの取り組みが出来ませんので、将来にわたり不利益を被ることになります。

5年以上前に、自己破産したことにより、現在もローンが組めないという方は、信用情報の開示請求をご検討ください。

▲このページのトップに戻る