行政書士スカイ法務事務所は、債務(借金)の時効援用手続きを専門としており、東京や横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡はもちろん北海道から沖縄まで日本全国に対応いたします。受任費用を全国的にみても最安値水準とし、時効の援用・消滅時効の援用・信用情報の回復に関する無料相談を実施しています。行政書士は、法律で守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談ください。

時効の援用は法定相続人もできる

しばしばご相談を受けるケースは、親族が他界した後に借金が判明するという相談です。故人が家族に内緒にしていた借金の請求書が届いた場合には、どのように対応したらよいのでしょうか。

故人に確認できればよいのですが、それはできませんので、法定相続人として対応しなければなりません。結論としては、家庭裁判所にて相続放棄の手続きを行っていない場合は、債権者の請求に応じて支払うか、故人の法定相続人として時効援用手続きを行うしかありません。

当事務所では、このようなケースでも対応可能ですので、まずはご相談ください。専門の行政書士が迅速に対応させていただきます。

▲このページのトップに戻る