行政書士スカイ法務事務所は、債務(借金)の時効援用手続きを専門としており、東京や横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡はもちろん北海道から沖縄まで日本全国に対応いたします。受任費用を全国的にみても最安値水準とし、時効の援用・消滅時効の援用・信用情報の回復に関する無料相談を実施しています。行政書士は、法律で守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談ください。

携帯電話代の時効援用

携帯電話の利用料金の時効は、商法が適用されますので、5年間の消滅時効期間が経過すれば、時効の援用が可能となります。

最近では、各社の顧客の囲い込み戦略により、本体代金を分割払いで契約することも多く、その場合は割賦販売として指定信用情報機関(CIC)に契約情報が報告がされています。もちろん、延滞した場合は、延滞情報が登録されることになり、他のローン審査にも影響が及ぶようになることは言うまでもありません。

 

例えば、学生の方が携帯電話を利用していた場合、契約者が親御さんのケースでは親御さん自身の個人信用情報に登録されますが、契約者が学生自身であるケースでは学生自身の個人信用情報に登録されることになります。当然、延滞情報が登録されている場合は、ローンの審査に影響が及びます。

 

また、携帯電話会社同士の情報ネットワークにより、一社で延滞情報がある場合、他社での契約を断られることになります。

 

携帯電話の利用料金の時効援用を検討されているお客さまは、当事務所にお問い合わせください。

 

次はこちら

家賃/賃料の時効援用
▲このページのトップに戻る