行政書士スカイ法務事務所は、債務(借金)の時効援用手続きを専門としており、東京や横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡はもちろん北海道から沖縄まで日本全国に対応いたします。受任費用を全国的にみても最安値水準とし、時効の援用・消滅時効の援用・信用情報の回復に関する無料相談を実施しています。行政書士は、法律で守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談ください。

債権者から法的な手続きを予告された場合

債務の支払いを長期間怠った場合、債権者から法的手続きの予告されることがあります。債権者が債務者に対し、法的手続きを予告する書面を送る目的としては、法的な手続きを予告することで、債務者に対しプレッシャーをかけて、債務の支払いを促す効果を狙うこと又は実際に法的手続きの前段階として書面を送るケースがあります。

このように法的手続きを示唆する書面を受けた場合、債務者としては注意が必要です。そのまま放置していたら、本当に裁判所から特別送達が届いたということもあるからです。特に注意を要するのが、会社員の方が法的手続きの予告書面を受け取った場合です。会社員の方の場合、給与を受け取っているため、債権者から給与差押えを受ければ、強制的に給与の約4分の1を債権者に支払わなければならないことがあるためです。

 

時効との関係では、債権者としては時効の進行を止める目的や消滅時効期間経過後の債務承認(弁済)を促すことを目的に、上記のような法的手続きを予告する書面を送付します。

消滅時効期間が経過している場合でも、あわてて債権者に連絡して、債務を承認することになり、時効が中断するということも実際には多くあります。

 

次はこちら

支払督促と時効援用

 

▲このページのトップに戻る