行政書士スカイ法務事務所は、債務(借金)の時効援用手続きを専門としており、東京や横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡はもちろん北海道から沖縄まで日本全国に対応いたします。受任費用を全国的にみても最安値水準とし、時効の援用・消滅時効の援用・信用情報の回復に関する無料相談を実施しています。行政書士は、法律で守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談ください。

債権譲渡と時効の関係

長期間延滞している契約について、債権譲渡される場合があります。譲渡先として、代表的なものにサービサー(いわゆる債権回収株式会社のこと)と呼ばれる不良債権買い取りや受託回収業務を専門としている会社があります。その他では、貸金業なのか債権回収会社なのかわからないような会社が、債権譲渡を受けているケースもあるようです。時々、「××企画」など何の会社かもわからないところから請求が来ることもあるようです。

このように債権譲渡されたケースでは、時効の進行はどうなるのでしょうか?

結論から述べると、債権譲渡されていても時効の進行に影響することはありません。サービサー等の債権回収を業とする会社では、バルクセールといって不良債権(いわゆる長期延滞している契約)をまとめて買い取ります。買い取った不良債権には、消滅時効期間を経過した債権が多数存在しており、サービーサーでは消滅時効期間が経過した債権についても請求を行います。この請求に応じて、一度でも支払いをしてしまうと、時効がリセットされ、その時点から再進行していくことになります。

通常、債権譲渡を受けた債権者は、譲渡債権者との連名で債権譲渡通知を債務者へ送付します。その場合は、契約内容が記載された書類が同封されていますので、消滅時効期間が経過していないか確認してみては如何でしょうか?

 

次はこちら

債権者から法的な手続きを予告された場合

 

▲このページのトップに戻る