行政書士スカイ法務事務所は、債務(借金)の時効援用手続きを専門としており、東京や横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡はもちろん北海道から沖縄まで日本全国に対応いたします。受任費用を全国的にみても最安値水準とし、時効の援用・消滅時効の援用・信用情報の回復に関する無料相談を実施しています。行政書士は、法律で守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談ください。

時効の中断とは

各種債務の時効が進行していくのを止める目的で、債権者が権利を行使する場合があります。時効の進行が止まることを「時効の中断」と言い、時効の中断を生じさせる事由を「時効中断事由」と言います。民法に定める時効中断事由としては、「請求」、「差押・仮差押・仮処分」、「承認」の三つがあります。

 

「請求」とは、債権者から債務者に対し、裁判上の請求をすることを言います。裁判上の請求をしても、債権者の都合で途中で取り下げたりした場合は、時効中断の効果はありません。なお、債権者から債務者に対し、通常の催告行為をおこなうことを「催告」と言いますが、時効を中断させるためには催告した後、6ヶ月以内に「請求」をおこなう必要があります。

「差押・仮差押・仮処分」とは、債権者が債務者の財産に対し、差押えや仮差押え、仮処分の手続きをおこなうことを指します。

「承認」とは、債務者が債権者に対し、債務承認行為をおこなうことを言います。例えば、債務を返済したり、債務確認書等を締結したりする行為です。

時効が中断すると、時効の進行はリセットして、再度時効が進行していきます。時効が進行した結果、債務の消滅時効期間が経過すれば、時効の援用は可能となります。

なお、時効の中断とは別に、一定の場合に時効の完成が猶予される「時効の停止」という制度があります。

 

次はこちら

個人信用情報と時効援用
▲このページのトップに戻る