行政書士スカイ法務事務所は、債務(借金)の時効援用手続きを専門としており、東京や横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡はもちろん北海道から沖縄まで日本全国に対応いたします。受任費用を全国的にみても最安値水準とし、時効の援用・消滅時効の援用・信用情報の回復に関する無料相談を実施しています。行政書士は、法律で守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談ください。

滞納家賃や滞納賃料の時効援用

お客さまからのご相談が多いのが、家賃保証会社や弁護士から滞納家賃や滞納賃料の催告書が突然届いたという内容です。

賃貸物件の入居時には、連帯保証人を求められるほか、最近では家賃保証会社の家賃保証を付けなければならないケースが増えており、何らかの事情により家賃や賃料の支払いが出来なくなった際には、家賃保証会社が滞納賃料の立替払いをし、家賃保証会社が立て替えた家賃の請求を行うことがあります。

家賃や賃料などは、定期給付債権にあたるため、5年間経過すると消滅時効期間にかかり、時効援用手続きが可能となります。

次はこちら

医療費の時効援用
▲このページのトップに戻る