個人信用情報の開示 代行サポート

 

 

  • ご自身の信用情報を確認したい
  • 借入状況を確認し、今後の方針を検討したい
  • 信用情報の開示書類の見方がわからない
  • ローンの審査が通らないが、心当たりがない

時効の援用にあたり、ご自身の信用情報を開示してみるのも一つの方法です。

現在、指定信用情報機関は、三機関に集約されています。

  • 株式会社日本信用情報機構 [JICC]
  • 株式会社シー・アイ・シー [CIC]
  • 全国銀行個人信用情報センター

おおまかには、消費者金融会社がJICC、信販会社がCIC、銀行系会社が全国銀行個人信用情報センターという区分けになっています。

信用情報の開示手続き 代行

信用情報の開示手続き代行サポートでは、当事務所がお客さまに代わり、信用情報の開示請求をおこないます。

  • 全国対応
  • お申し込みから信用情報の開示手続きが終了するまで、当事務所にお越しいただかなくても手続き可能
  • 守秘義務のある専門家が対応
  • 無料相談受付中!
〜報酬額〜
開示請求1機関あたり 5,250円 → 3,780円 [期間限定価格]
※ 信用情報開示にかかる費用を別途ご負担いただきますので、ご了承ください。
 
 開示にかかる費用例
   当事務所手数料額 5,250円 3,780円+各信用情報機関へ支払う手数料額 1,000円+郵送料 1,000円
※ 一つの氏名につき各機関へ支払う手数料が1,000円となりますので、例えば結婚や離婚、養子縁組等の理由により、氏名変更がある場合は、旧姓と新姓にて信用情報の開示をおこないますので、一信用情報機関あたり2,000円が手数料となる場合があります。その場合は、旧姓を証明できる戸籍謄本等が必要になります。
※ 信用情報の開示請求にあたり、契約当時のご住所やお電話番号を確認させていただきます。また、印鑑証明書が必要になりますので、開示請求する信用情報機関ごとの通数をご用意ください。
 ご不明な点は当事務所へお問い合わせください。
▲このページのトップに戻る