行政書士スカイ法務事務所は、債務(借金)の時効援用手続きを専門としており、東京や横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡はもちろん北海道から沖縄まで日本全国に対応いたします。受任費用を全国的にみても最安値水準とし、時効の援用・消滅時効の援用・信用情報の回復に関する無料相談を実施しています。行政書士は、法律で守秘義務が課せられておりますので、安心してご相談ください。

飲食代金の時効援用

不景気のせいか、スナック等の酒を飲むお店では、「つけ」で飲むことが行われています。しかし、「つけ」で飲むということは後から支払いをしなければなりません。

お店側も売上げを確保するために、「つけ」を認めてしまうのでしょう。ついつい「つけ」を溜め込んでしまい、支払いがしんどくなってしまうということも現実にはあります。

 

飲食代金の債務については、民法の短期消滅時効の規定に定められており、1年間経過すると消滅時効期間にかかり、時効の援用が可能です。

1年の短期消滅時効にかかる債権は、飲食代金のほか、運送料や旅館の宿泊料などが挙げられます。

 

次はこちら

塾代/各種授業料の時効援用

 

▲このページのトップに戻る